2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.02.16 (Sat)

"THE RED QUEEN"

去年から抱えていた"THE RED QUEEN"、ようやく終わりました。


Red Queen







隣の席の人とお昼を食べているんですが、彼女がお昼を買いに行っている間、毎日15分位ずつ読んでました。(彼女も読みたいと言ったので、『白薔薇の女王』上下巻を貸しました。)

今日は一時間だけ…と言いながら5時間読んで終わらせました。

それにしても、日本語版出ませんね…。私が英語で読んでる途中で出版されると思っていたのに。
翻訳って時間がかかるんですね。

すでに続編が2年前に出ているらしいので、明日買いに行こうかと思っています。


今日の英語
・THE RED QUEEN 5時間/177時間45分




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
07:03  |  Enjoy Reading  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.12.20 (Tue)

読了しました!”The White Queen”

えー。
夏にはすでに読んでいたので、ずいぶん時間がかかりましたが、
とうとう読み終わりました。
”The White Queen"。

嬉しいので、ババン!と表紙を載せておきます(笑)。
The White Queen







ところで副題なんでしょうか。シリーズなんでしょうか。
小さく”THE COUNSINS' WAR"と書いてあるのですが、
その通り、ひどいものです。
従兄どころか兄弟同士でも、騙す裏切る戦う
まさに骨肉相食む乱世の物語といった様相です。

歴史をしっかり勉強したことがなのでよくわからないんですが、
日本で言うと、戦国時代って感じなんですかね。
どこの国も成り立ちなんて同じようなものなんですかね。
そちらの方もちょっとはかじってみようと思ってこんな本も手に入れました。
(まずは、日本の歴史から!)
もういちど読む山川日本史





さて、英語の方は、単語はかなり辞書ひきましたが、
文章レベルだとすんなり理解できるところ(7割弱)と、
なんだかよくわからないところ(3割強)に分かれました。
今回、辞書は引きましたが、わからないところにこだわらず
どんどん読み進めました。

そして、終わったところで、単語にも慣れたことだし、
精読したいなーという気持ちも出てきてるんですが、
こう言うのってどうなんでしょうね。
あまり気にしないでたくさん読んだらいいのか、
気のすむまで精読でも何でもすればいいのか。
悩みますが…次に読む本は決まってます。
”The Red Queen" 白薔薇の女王の続編です。
しかも購入済み!
お正月にダラダラ読みたいなーというのが希望です。

Red Queen






…ペーパーバッグ安くなってますね。
多分私が購入した時の半額です。
円高還元?
毎日不安になるようなニュースばかりですが、ちょこっといいこともありますね。




にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

テーマ : 英語学習記録 - ジャンル : 学問・文化・芸術

23:34  |  Enjoy Reading  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.11.04 (Thu)

”The Last Child” 読了♪

久しぶりにゆっくり本を読みましたよ~






The Last Child










暑い季節から少しずつ読んでいた本。
とうとう読み終わりました


■■あらすじ■■
双子の妹が行方不明になって1年。
現実から逃避しドラッグにおぼれる母。
母に責められ父親も失踪。
兄はたった一人で妹を探し続けた。


■■感想■■
この本を読んだきっかけは、朝日新聞の書評欄。
その時にラストに関してのコメントもあったんですが、その通りで…。

これはもう、ラストが痛々しすぎる。
皆が保身のため事実をかくしたり、現実から逃げたり。
年端もいかない主人公の少年には過酷すぎです!
しかし、主人公の少年もかわいそうなんですが、
その親友も父親に強制されていたとはいえ嘘をつきつつ主人公に寄り添って…。
個人的にはこの親友の少年が一番かわいそうでした。
よく、心が壊れてしまわなかったなぁと。

それにしても母。
この母、本当にもう何というか…。
母は強くあってほしいと思いました。
理想ですが。

ラストで一応の解決はみたものの、
私はやはり、ハッピーエンドが好きなので星3つ!




★★★☆☆






にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

テーマ : 英語学習記録 - ジャンル : 学問・文化・芸術

20:13  |  Enjoy Reading  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.09.22 (Tue)

ミス・マープル・シリーズを読破しよう!

涼しくなってきましたね。
読書の秋という感じです。

昨日クリスティーの本を一冊読み終えたので、
次ぎ行こうと思います♪


しばらくはクリスティーのミス・マープルシリーズで行こうと思います。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1. TheMurder at the Vicarage
2. The Thirteen Problems
3. The Body in the Library
4. The Moving Finger
5. A Murder is Announced
6. They Do It With Mirrors
7. A Pocket Full of Rye
8. 4.50 from Paddington

9. The mirror crack'd From Side to Side
10. A Carbbean Mystery
11. At Bertram's Hotel
12. Nemesis
13. Sleeping Murder
14. Miss Marple's Final Cases


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



これは、HarperCollinsから出版されているミス・マープル・シリーズの一覧です。
濃い字は読んだもの。
次は”The Thirteen Problems"を手に入れようと思います。






今日の英語
・単語カード
・pass単           1時間/65時間(560時間)








話は変わりますが・・・
ちょっと前の新聞で、『アングロサクソン的な見方』という言葉が出てきました。
フランスの歴史学者ジャンヌネーさんという人が、
googleによる書籍の全文検索サービス構想を批判した記事で
出てきたんですが、『アングロサクソン的』ってどんなんでしょう?
頭に引っかかっていたのでちょっと調べてみました。
狩猟民族の行動の仕方・・・というような感じでいくつか記事を見つけましたが、
結局よく分かりません。

国と民族は一致してないし、そもそも民族とか人種とか、よく分かりません。
ここに、宗教が絡んでくると、更にわからなくなります。
今年中の宿題にして、少し勉強したいと思います。






↓参加してます





にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

テーマ : 英語学習記録 - ジャンル : 学問・文化・芸術

20:08  |  Enjoy Reading  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.09.21 (Mon)

Good-bye, Ms. Marple !

何ヶ月抱えてたんだろう・・・・という本、
やーっと読み終わりました。

読み終わったのはコレです↓

The Murder at the Vicarage (Miss Marple)The Murder at the Vicarage (Miss Marple)
(2002/03/04)
Agatha Christie

商品詳細を見る



今日はちょっと風邪気味でだるかったので、1日ゴロゴロさせてもらいました。
遊びのオニの娘には、『お友達のバレエ(の発表会)を見に行きたかったら、
昼間休ませてね。休まないと、夕方動けなくなってバレエ行けないよ~』
と、ちょっと脅してしまいましたこうもり
娘が1人遊びをしていてくれたので、
ちょっと眠ったり、本を読んだりでゆっくり出来ましたheart


アガサ・クリスティー・・・20代の頃大好きで、
たぶん日本語版は全て読みました。
原文の方は、分からないところは適当に流していたのですが、
途中、ちょっと飽きてきたんですよ。
やっぱり分からないところが多すぎなのか・・・と思いながら読みつづけ、思い出しました。
クリスティーの魅力。

若いきれいな女の子も魅力なんですが、
主人公の独白部分。
事件の核心に近づいてきた時に出てくるんですが、
ものすごくスリリングなんです。

その魅力は日本語でも英語でも同じでした。
途中で投げ出さなくて良かった~ハート





今日の英語
・the murder at teh vicarage
・単語カード                    2時間/64時間(599時間)






夕方、がんばってバレエの発表会見てきました。

娘は持っているビーズのネックレスやブレスレットを
全部並べて、『どれつけて行ったらいいかな~』なんて悩んでいたり(笑)

バレエの発表会はなかなか楽しかったです。
幼児クラスはお遊戯レベルなのに、
小学生になるともうバレリーナさんになっている!
中・高校生になると、優雅な世界を見せてくれました。

女性陣が美しいのは、言われるまでもなく・・・ですが、
男性陣のバレエのもダイナミックで大変すばらしかったですよ!
なんか、日本でもバレエの裾野が広がって、
特別な習いごとでなくなればいいのに!






↓参加してます





にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ







テーマ : 英語学習記録 - ジャンル : 学問・文化・芸術

20:12  |  Enjoy Reading  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。