2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.06.30 (Sat)

DUO145日目。+今日の英語

・今日のDUO


音読
§.1~5 0回(total 200回)
§.6~10 0回(total 230回)
§.11~12 5回(total 161回)
§.13~15 5回(total 158回)

§.16~20 0回 (total 122回)
§.21~25 0回 (total 137回)
§.26~30 0回 (total 120回)
§.31~35 0回(total 127回)
§.36~40 0回(total 127回)
§.41~45 0回 (total 127回)




158.His thesis doesn't make sense. To begin with, its theme is obscure.
   彼の論文は意味不明。第一、主題があいまいだ。

この例文読むたびに、『主題でつまづくなんてなんてこと!
指導教員、ちゃんと指導してあげて!!』と思ってしまいます。
4年生は卒業研究の最中でしょうか?頑張ってください!









+今日の英語
・英作文トレーニング 入門編
・The Red Queen

ヨーク家が戦いに勝ってエドワード王が即位しました。
主人公マーガレットは一つ年上のエドワードに激しく嫉妬します。

"The King Edward is a young man of nineteen, just a year older than me,
surviving the death of his father as I have done,dreaming of greatness as I do--
and yet he has put himself at the head of his house's army
and led them to the throne of England, while I have done nothing.



ここの対比が泣けます…。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



 

【More・・・】

日本版シンデレラ、落窪物語の下巻、読み終わりました。
右近の中将が落窪の君の実家に報復します。
継母はとうとう、『始めは落窪の君をかわいがろうと思っていたのに、
私が嫉妬深いせいで、意地悪をして苦しめてしまった。』というようなことを言って、自分の非を認めます。
報復するだけしたら、今度は姫君の一家にものすごい援助をする中将。
後味悪い話ではありませんでした(笑)。

っていうか、高校の古典の授業で生活習慣・風俗の違いなど一通り習ったので
知識としてはあるんですが、どうも腑に落ちない…これ、私の知ってる日本じゃない!
ほんと、不思議な世界です。

この話で一番好きなのはあこきかなー。
あこきは姫君を助けてがんばった!


 style=



スポンサーサイト

テーマ : 英語学習記録 - ジャンル : 学問・文化・芸術

21:01  |  音読1000回、DUO!  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mippii.blog60.fc2.com/tb.php/1613-e8f64ac3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。