2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.07.02 (Mon)

DUO147日目。+今日の英語


・今日のDUO


音読
§.1~5 0回(total 200回)
§.6~10 0回(total 230回)
§.11~15 0回(total 161回)
§.16~20 0回 (total 127回)
§.21~25 5回 (total 142回)
§.26~30 0回 (total 120回)
§.31~35 0回(total 127回)
§.36~40 0回(total 127回)
§.41~45 0回 (total 127回)








+今日の英語。
・入門編 英作文のトレーニング
・The Red Queen

マーガレットの息子は、ヨーク派のハーバート家で息子同様の待遇で育てられ、
 ハーバート家の美しい娘と結婚。(息子はまだ13,4歳くらい。)
 マーガレットは、あなたはランカスター家の人間で王位継承者なのだから…と
 息子に会うたび吹き込むのですが、全く効果がないばかりか、敗北した家の女で、
 つらい状況を神にすがることで自分を保っている…と息子に思われてしまう。
 

”I, his mother, heires to the Beaufort and to the Houe of Lancaster,
nearly died in giving birth to him, that the two of us were saved by God
for a great purpose, that he was not born to be a boy glad of the affection of
such as William Herbert. I do not want a girl like Maud Herbert
as my daughter-in-law."


 


 マーガレット、激しい性格のようです。
 マーガレットの母親はマーガレットに無関心だったそうですが、
 家や王位に対する執着心がすごいです。跡取りとしての教育はしっかり受けていたのでしょうか。
 





Red Queen







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 英語学習記録 - ジャンル : 学問・文化・芸術

22:06  |  音読1000回、DUO!  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mippii.blog60.fc2.com/tb.php/1616-ef8372a2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。